AGA(男性型脱毛症)の治療は保険適用外?

AGA(男性型脱毛症)の治療は、保険適用外になるそうです。AGA治療薬として使われるフィナステリドは、健康保険の給付対象ではないため、その治療薬を使う治療については保険適用外になるそうです。

なお、AGA治療をおこなう場合、一般の病院とAGA治療専門の病院の2つの選択肢があります。これらは、同じ病院の類ですが、実は治療目的が違うことが多いそうです。一般の病院の場合、現状維持を治療目的にしているケースが多いそうです。対して、AGA専門の病院では、発毛を目的とした治療になるそうです。

確かに一般の病院の方が治療費が安いのは確かですが、それでも高くなります。さらに現状維持のために高い治療費を払うのは疑問も感じます。多少高くなっても発毛を目的とする専門の病院の方がAGA治療には合っているように感じます。

AGA無料カウンセリングを活用して早めの薄毛対策を!
posted by gincli at 14:21 | AGA治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。